馬夢想

〜人の行く 裏に道あり 花の山〜
0

チャレンジC

2016 チャレンジC

・阪神1800は差し有利のコース

・勝ち負けするのは3〜6歳まで

・イン差しの馬と大外回し差しの争いになりがち。それが出来る騎手を選びたい。



🐴フルーキー
→阪神1800はベストコースでこのレースも2年連続馬券内と絶好条件。ミルコなのでイン差しもお手の物。今年も勝ち負け必至。

🐴タッチングスピーチ
ディープ産駒。4歳で今がピークなので人気次第では重い印が必要。
しかし、坂路調教の内容が悪すぎる。仕上がってない。軽視!


今年は差し馬に有力どころが集まり、しかもどの馬もピークを過ぎた馬ばかり…。更にレース傾向からか人気も背負っている。
それならばここは傾向に逆らい、若々しい逃げ馬に1発期待したい。

◎マイネルハニー

1800戦ではマウントロブソンやロードクエストといった最強3歳の大関クラスと対等にやりあっている。 少なくとも今回人気しているブラックスピネルよりは強いのではなかろうか。それでいて9人気と本命視されていないのならばこの馬の粘り腰に期待したい。

相手に
○フルーキー
▲ディサイファ
☆ブラックスピネル
△ベルーフ
△エキストラエンド
△ヒストリカル



うーむ。正直、頭の自信は無かったが思ってる以上に強かった。
相手選びがすっかり守りに入ってしまったのが敗因。
過剰人気のブラックスピネルとトップハンデで出場すら迷っていたディサイファなんかはズバッと切るべきだったのにうっかり重い印を回してしまった。
斤量も軽いし、福島記念でマイネルハニーの直後に入線したケイティープライドは印△つけるか最後まで迷った馬。 ベルーフも始めは▲だっただけに当てれたレースだった。

正解はこれ

◎マイネルハニー
○フルーキー
▲ベルーフ
☆ヒストリカル
△エキストラエンド
△ケイティープライド
△ヒルノマテーラ

これぐらい高め狙った方がむしろ当たっていたのだ。 守りに入ると当たらないのが競馬だ。

0

チャンピオンズC

2016 チャンピオンズC

・内枠優勢

・芝でも走る血統
※中京ダートコースの同条件の東海Sでもこの傾向がでている。

キングマンボ系(チャンピオンズC)
→ロワジャルダン

アグネスデジタル産駒(東海S)
→アスカノロマン、モンドクラッセ


予想は
あまりにも人気が無いので
◎アポロケンタッキー

前走で本命にしたのでここは買うべき場面。
相手に
○アウォーディー
▲コパノリッキー
☆ゴールドドリーム
を馬連本線に
△アスカノロマン
△ロワジャルダン
△モンドクラッセ
を3連のヒモに。



結果的にはこの血統傾向も出た。
内枠で良い立ち回りを見せたアスカノロマンが3着。


0

ステイヤーズS

2016 ステイヤーズS

リピーターレース
→アルバート、カムフィー、ファタモルガーナ

グレイソブリン
→アルバート、ウインインスパイア、ジャングルクルーズ

ロベルト
→ウインインスパイア、モンドインテロ、カムフィー


レースはケン。
堅そう…。


結果、やはりガチガチ決着。

0

金鯱賞

2016 金鯱賞

・実績より近走成績

・グレイソブリン トニービン
→レコンダイト、シュンドルボン、サトノノブレス

本命が絞れず
レースはケン。
買うなら人気落ちのデニムアンドルビー、トーホウジャッカル、ヤマカツエース辺りか。


結果的に
2着シュンドルボン
3着サトノノブレス
と血統傾向が色濃く出た。
1着は大幅に馬体増でパワー付け、4歳秋充実期を迎えたヤマカツエース。 人気的にも狙い目だった。
昨年の金杯でも強いレースをしており、この時期に強いのかもしれない。

0

京阪杯

2016 京阪杯

・内枠優勢

・馬券になるのは6歳まで

・近年は関西馬しか馬券になっていない

・上がり馬が台頭してくるレース
→メラグラーナ


人気馬が外枠に入ったなら思い切って内枠狙いしていいだろう。

当日大雨の重馬場でセオリーもなんもあったもんじゃない馬場になってるのでパス。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。