馬夢想

〜人の行く 裏に道あり 花の山〜
0

菊花賞 予想

2016 菊花賞

・ディープ産駒勝てない

・キンカメ産駒勝てない

という最近の競馬界にあるまじきデータがあるが果たして。


今年のディープ産駒は過去最高のデキなのはもう間違えなく、同じくディープ産駒で勝ち星のなかった皐月賞でも1-2-3を決めた。
このことからも今年のディープ産駒は菊花賞でも走ってくるだろう。
とはいえ、そこでサトダイ、ディーマでいいのか?
いやいや、鮮度抜群のディープ産駒がいるじゃないか!

ウムブルフを狙おう!
この馬は間違えなくステイヤーだ。


今年は、そろそろ荒れそうな菊花賞。
2着にサトダイ、ディーマを固定して、3着に前走1着馬を流す。
2010年のビートブラックを拾えれば数10万馬券が拾える!
長距離2連勝中のステゴ産駒ジュペルミエール、ネオユニ産駒ジュンヴァルカン辺りが穴か。


と予想してみたが、ここでこんなデータが。

輸送絡みの重要要素。
関西馬が圧倒的有利❗️ここ10年連対なし。
関東馬は人気馬でもことごとく馬券外に…‼️

→有力なディーマ、ロブソン、ジュペル、ウムブルフにとってはかなり嫌なデータ⚠️



そしてそして逃げ残りも発生する。
特に今年は有力どころがほとんど後ろからになるので前残り大穴パターンの狙いどき!
→アグネスフォルテ
京都新聞杯で2着や今回有力のレッドエルディストの2着あり。松山騎手も逃げは得意。

サトダイ、ディーマに意識が集中し、その他有力馬も全て後ろからの差し馬ばかり。
このパターンはまさに2010年のビッグウィークとビートブラックの前残りパターンに合致する。 今回、前からの競馬に該当するのが

🐴アグネスフォルテ
🐴ジュンヴァルカン
🐴サトノエトワール
🐴ミライヘノツバサ

で、サトノエトワールとミライヘノツバサは実績不足。よって

◎ジュンヴァルカン
○サトノダイヤモンド
▲ディーマジェスティ
☆アグネスフォルテ

ディーマを関東馬で消すならば
▲ミッキーロケットに変更
▲レッドエルディスト追加してもいい
神戸新聞杯3着はよく菊花賞馬券になる。

いや、△にしようか…。
△ミッキーロケット
△レッドエルディスト


🐴ジュンヴァルカン
ぶっつけ本番となったが、かえって鮮度があって良い。 ヴァンキッシュランと差のない競馬もしており、前走はヤマカツライデンに完勝。
重賞レベルでも十分に通用する。展開的にバッチリはまりそうでミルコ騎乗は頼もしい。


と、ここまで火曜日の予想。
アグネスフォルテの逃げ炸裂予想は
ある予想家の案で 他人の予想に乗っかりすぎだ。

冷静に松山がクラシック獲る確率など低すぎて買えたもんじゃない。だいたいが馬の力が足りてない。ビッグウィークとはわけが違う。

ジュンヴァルカンはいい狙いだが、ミルコが長距離あまり得意じゃなさそうで…。さらにミルコ人気しそうだしかなり微妙。 ジュンがG1獲れるか? 無理でしょ!

初期イメージ通りいくならば

🐴ウムブルフ

前走の勝ち方が菊花賞の勝ち方にリンクする。
格上げ鮮度抜群のディープ産駒。騎手も菊花賞勝ちのある濱中なら信頼度も高い。


キンカメ産駒は適正合わない
→エアスピネル、ミッキーロケット
どうせ人気も背負うし無印でいいのでは?

◎ウムブルフ
○サトノダイヤモンド
▲ディーマジェスティ

☆アグネスフォルテ

△レッドエルディスト
△ジュンヴァルカン
△ジュペルミエール
△カフジプリンス


と、ここまで水曜日。



2014とリンク案を考察する。

ダービー神戸新聞杯を勝ちダントツの1人気ワンアンドオンリーが大負け。
皐月賞セントライト2着で2人気トゥザワールドも着外。

この辺りが今回のサトノダイヤモンド、ディーマジェスティと被る。
そもそもディープなので得意舞台ではないし、
ディーマに限っては関東馬。14年間勝ち星はない。 人気なら怪しんだ方が得策だ。

2014勝ち馬はトーホウジャッカル。神戸新聞杯3着。 2着はサウンドオブアースで同じく神戸新聞杯2着。

今回の神戸新聞杯2着3着は
サトノダイヤモンドを追い詰めたミッキーロケットとレッドエルディスト。

2014 3着はゴールドアクター。
北海道戦を2連勝で今回のウムブルフと被る。
2連勝繋がりでジュンヴァルカン、シュペルミエールも挙げておきたい。
ウムブルフは関東馬、ディープ産駒が引っかかる点。 シュペルミエールは戦ってきた相手が弱いも、絶好内枠。 ジュンヴァルカンは休み明けでさらに大外枠と少し厳しい条件か。

このように2014とリンクさせると

◎レッドエルディスト
○ミッキーロケット
▲ウムブルフ
△サトノダイヤモンド
△ディーマジェスティ
△シュペルミエール
△ジュンヴァルカン


う〜ん。イマイチだな。

ここから土曜日の予想。
毎回この辺りから予想がおかしくなっていくのだが今回は果たして…。


土曜からイメージ通りのイン差しを試している岩田騎乗のカフジプリンスが馬券内濃厚か。
大方の予想家が語っているように神戸新聞杯の負け方も良いし、血統も向いている。展開予想をした上でも絶好枠の1番と、この馬の好走は容易に想像できる。

ではこの馬から行くか…。

いや、そんな安直な考えでは馬券は獲れない。

もう1頭、先週の日曜日時点で注目していた馬がいる。

札幌2000mの1000万を勝ち上がったミッキーロケットと前哨戦とはいえ互角の勝負をした1人気サトノダイヤモンドと比べ、
札幌2000mの古馬重賞G2で年度代表馬モーリスと差のない3着で終いもグイグイ伸びてきた馬。

これが現在も全く人気していないのならば買うべきではなかろうか。

本命は
🐴レインボーラインで決まりだ。

人気薄なら福永も買える。注目されていない状況でシレーッと3着のパターンに期待しよう。
いや、ディープ産駒や関東馬が獲れないレース。むしろ頭のチャンスも大きい。


◎レインボーライン
○ディーマジェスティ
▲サトノダイヤモンド
☆カフジプリンス
△レッドエルディスト
△ミッキーロケット
△ウムブルフ


3連単
◎-○▲☆マルチ
3連複
◎-○▲☆-◎○▲☆△

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。