馬夢想

〜人の行く 裏に道あり 花の山〜
0

京都記念 回顧

これはもうお手上げ。

勝ち馬サトノクラウンは微塵も買うつもりは無かった。
初の関西輸送、血統も今後の成長力は未知数。そのクセ人気してる。馬体重もマイナス。と、買い要素ゼロ。

馬場がかなり渋ってたのでディープのキレ味は活きない馬場想定で予想したので
2着タッチングスピーチも買えない。 しかも福永騎手は全く乗れていなかったし、そのうえこちらも大人気。
(良馬場なら本命候補でした。)

直前で2番人気に下がり、内枠のキンカメ産駒で馬体重も大幅に増えた○ヤマカツエース。
これはもう鉄板だな!と思ったんですが。。。
危なく単複にドカン‼︎と突っ込むところでした。 アブナイアブナイ

[予想結果]ハズレ

◎ミュゼゴースト
○ヤマカツエース  5着
▲レーヴミストラル
☆スズカデヴィアス
△アドマイヤデウス
△トーセンレーヴ
△ワンアンドオンリー


◎ミュゼゴーストは前に行ったんですが、ワンアンドオンリーとサトノクラウンも前に行ったせいで内に潜り込めず。。
外を回されてはこの馬の良さは出ません。

変な穴馬は来ない!と書いておきながら11人気を本命にしてるあたり、まだまだ予想が甘い。

あれこれ考えましたが終わってみれば
実績のある普通に強い3頭&トップジョッキーで決まったレース。

1着サトノクラウン →ダービー3着 デムーロ騎手
2着タッチングスピーチ →エリ女3着 福永騎手
3着アドマイヤデウス →G
Ⅱ2勝 岩田騎手

実績がモノをいうレース質なのかもしれません。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。