馬夢想

〜人の行く 裏に道あり 花の山〜
0

天皇賞秋 予想

2016 天皇賞秋

・リピーター
ただし、カンパニーを除き、前年からのリピーターのみで前年と同じ順位かそれ以下の馬券内にリピートしている。
今年は🐴ラブリーデイと🐴ステファノスが該当。しかしこれまで連覇は無くラブリーデイの連覇は厳しいか。

・ここ10年で血統はグレイソブリンが1着か3着
ダンチヒが2着を牛耳る。

グレイソブリン系
→アドマイヤデウス、ラブリーデイ、サトノノブレス、エイシンヒカリ

ダンチヒ系
→ステファノス、モーリス、ヤマカツエース

・近年は父、母父ミスプロ系が3勝。ダンチヒ系が2着3回

父、母父ミスプロ系
→ラブリーデイ、ヤマカツエース、サトノクラウン、アドマイヤデウス、アンビシャス


リピーター背景と血統背景から🐴ステファノスの2着がかなり濃厚。

1着候補
→🐴エイシンヒカリ、🐴サトノノブレス、🐴アンビシャス、🐴サトノクラウン、🐴アドマイヤデウス


・年齢もシビアで4,5歳の活躍が圧倒的!
6歳は多くの有力馬が出てるが3着2回のみ。
→🐴サトノノブレス、ラブリーデイが6歳。


・牝馬もよく勝ち負けする。
→🐴ルージュバック 東京得意。外枠なら買い。

※🐴アドマイヤデウス
→内枠専用馬。 内枠でしか走らない。

→この枠次第の2頭が揃って中枠と中途半端な位置に。困ったもんだ。


本命は🐴アンビシャスと🐴リアルスティールで迷ったが、天皇賞秋23戦1勝の横山典と3戦1勝のミルコデムーロではどちらが有利かは歴然。 🐴リアルスティールに絞った。
この世代でクラシック戦線を勝ち負けしてきた馬。しかも騎手は福永で、だ。
大舞台での福永→ミルコデムーロは大幅鞍上強化で人気も6,7番人気なら間違いなくお買得だろう。頭勝負!
※補足
ミルコデムーロは今年のG1勝ち全て7枠で挙げている。 今回も7枠!

◎リアルスティール
○ステファノス
▲モーリス
☆ラブリーデイ
△アドマイヤデウス
△サトノノブレス
△エイシンヒカリ


🐴ラブリーデイの取捨に迷うが6歳と大外枠と不安要素が2つ。

🐴エイシンヒカリは逃げの決まらないレース質なのでバッサリいきたかったが今年の武豊は絶好調なので印は回しておくのが無難か。

🐴ルージュバック。これも取捨に迷ったが外枠の時に好走しているので消し。これまで相手が強いと馬券外になっているので今回も。
人気なら尚更いらない…かな。 絶好調戸崎は怖いけれども…。


ここから前日予想。

🐴サトノクラウンが凄く気になる。

土曜日スワンSは🐴サトノアラジン🐴サトノルパンのワンツー。
競馬界も🐴サトノダイヤモンドが呪縛を解きサトノが勢いづいてきている。

騎手でも福永騎手が好調。 今年、秋華賞を獲ってから菊花賞も2着と目紛しい。

本命予定の🐴リアルスティールは毎日王冠を回避し、結果的には安田記念からのローテ。
これは過去に好走歴がない。枠順も内を望むも外枠。調教も平凡で叩き台で出てきそうな気配も…。

堀厩舎が🐴モーリスと🐴サトノクラウンで本気で天皇賞を獲りにきているのならば、人気薄の方を狙うのも鉄則。 東京コースは結果も出してきているし距離2000もベストだろう。
どこか🐴エイシンフラッシュを彷彿とさせる馬体で血統も母父にミスプロ系も入っている。

◎サトノクラウン
○モーリス
▲ステファノス
☆ラブリーデイ
△アンビシャス
△アドマイヤデウス
△エイシンヒカリ


世間もサトノの呪いが解けたと噂に!
誰しもが気づいてるから これはなさそうだな…。


ここから当日予想

出走メンバー、枠順を考慮すると、かなり前年度に近いレース展開が予想される。

内枠に前に行く馬が多く、そこから早めに抜け出した馬が押し切る。外枠の馬がゴール前で雪崩れ込むも枠の差で届かず。
この展開からも今回外から被されそうな🐴ルージュバックは消しでいいだろう。
間違いなく🐴エイシンヒカリ🐴クラレントが前に行くので昨年と同じ流れ。
これを追いかける先行勢から勝ち馬を模索すると…。


◎アンビシャス
○ステファノス
▲モーリス
☆ラブリーデイ
△サトノノブレス
△アドマイヤデウス
△リアルスティール

🐴アンビシャス
今年、ここに出走していたら間違えなく1人気している🐴キタサンブラック🐴ドゥラメンテと同等のレースをしている馬で、今回メンバーが揃った中でも1番強いと言っていいだろう。
枠も絶好でロス無く出遅れずに先行できれば勝ち負け。


うーん…。いやいや、迷走しすぎだ!
信念を持って。最初の予想に戻って
ミルコを信頼しよう。
上位評価への馬単馬連。
△へは3連複で勝負するので人気薄をチョイス!
🐴エイシンヒカリ🐴アンビシャスは来ても安いので消す。


◎リアルスティール
○ステファノス
▲モーリス
☆ラブリーデイ
△アドマイヤデウス
△サトノノブレス
△サトノクラウン



結果
▲◎○決着。


あぶないあぶない。 時系列で見ると本当に迷走してるな…。 最初の予想で見事的中。
考えれば考えるほど当たりから遠ざかるんだなぁ。

スポンサーサイト
0

スワンS 予想

2016 スワンS

・外枠有利

・馬券内は3歳から7歳
→❌メイショウナルト8歳

・逃げ、先行有利
→エイシンスパルタン

・斤量57kが勝ち切る
→サトノアラジン

・関東馬優勢
→バクシンテイオー、アルビアーノ、ペイシャフェリス

・1600からの短縮馬が優勢、勝ち切る
→サトノアラジン、フィエロ、テイエムタイホー、ムーンクレスト

・函館SS、安田記念、ポートアイランドSからのローテが優秀
→サトノアラジン、フィエロ

・スペシャルウィーク産駒馬券内100%
→ペイシャフェリス

・キンカメ産駒 連対率素晴らしい!
→ミッキーラブソング

・ディープ産駒
→サトノアラジン、フィエロ、サトノルパン
どれも鮮度なし。


データからいくと文句なしで🐴サトノアラジンだが、ここは完全に叩き台。加えてディープ産駒の鮮度なく頭は無い。
代わって本命に挙げたいのが🐴ダンスディレクター。 スプリングS負けからのローテだが上がり最速で、さらに京都1400の戦績が素晴らしい。
ヒモ荒れに期待し、人気のない4歳勢に期待したい。

◎ダンスディレクター
○アルビアーノ
▲フィエロ
☆ミッキーラブソング
△ムーンクレスト
△ブラヴィッシモ
△サトノアラジン

0

アルテミスS 予想

2016 アルテミスS

・1800からの短縮
→リスグラシュー、ツヅク、サトノアリシア

・田辺はとりあえず買っとけ!
→いない!


人気どころが普通に強そうで馬券妙味なし。
レースは見します!

0

菊花賞 予想

2016 菊花賞

・ディープ産駒勝てない

・キンカメ産駒勝てない

という最近の競馬界にあるまじきデータがあるが果たして。


今年のディープ産駒は過去最高のデキなのはもう間違えなく、同じくディープ産駒で勝ち星のなかった皐月賞でも1-2-3を決めた。
このことからも今年のディープ産駒は菊花賞でも走ってくるだろう。
とはいえ、そこでサトダイ、ディーマでいいのか?
いやいや、鮮度抜群のディープ産駒がいるじゃないか!

ウムブルフを狙おう!
この馬は間違えなくステイヤーだ。


今年は、そろそろ荒れそうな菊花賞。
2着にサトダイ、ディーマを固定して、3着に前走1着馬を流す。
2010年のビートブラックを拾えれば数10万馬券が拾える!
長距離2連勝中のステゴ産駒ジュペルミエール、ネオユニ産駒ジュンヴァルカン辺りが穴か。


と予想してみたが、ここでこんなデータが。

輸送絡みの重要要素。
関西馬が圧倒的有利❗️ここ10年連対なし。
関東馬は人気馬でもことごとく馬券外に…‼️

→有力なディーマ、ロブソン、ジュペル、ウムブルフにとってはかなり嫌なデータ⚠️



そしてそして逃げ残りも発生する。
特に今年は有力どころがほとんど後ろからになるので前残り大穴パターンの狙いどき!
→アグネスフォルテ
京都新聞杯で2着や今回有力のレッドエルディストの2着あり。松山騎手も逃げは得意。

サトダイ、ディーマに意識が集中し、その他有力馬も全て後ろからの差し馬ばかり。
このパターンはまさに2010年のビッグウィークとビートブラックの前残りパターンに合致する。 今回、前からの競馬に該当するのが

🐴アグネスフォルテ
🐴ジュンヴァルカン
🐴サトノエトワール
🐴ミライヘノツバサ

で、サトノエトワールとミライヘノツバサは実績不足。よって

◎ジュンヴァルカン
○サトノダイヤモンド
▲ディーマジェスティ
☆アグネスフォルテ

ディーマを関東馬で消すならば
▲ミッキーロケットに変更
▲レッドエルディスト追加してもいい
神戸新聞杯3着はよく菊花賞馬券になる。

いや、△にしようか…。
△ミッキーロケット
△レッドエルディスト


🐴ジュンヴァルカン
ぶっつけ本番となったが、かえって鮮度があって良い。 ヴァンキッシュランと差のない競馬もしており、前走はヤマカツライデンに完勝。
重賞レベルでも十分に通用する。展開的にバッチリはまりそうでミルコ騎乗は頼もしい。


と、ここまで火曜日の予想。
アグネスフォルテの逃げ炸裂予想は
ある予想家の案で 他人の予想に乗っかりすぎだ。

冷静に松山がクラシック獲る確率など低すぎて買えたもんじゃない。だいたいが馬の力が足りてない。ビッグウィークとはわけが違う。

ジュンヴァルカンはいい狙いだが、ミルコが長距離あまり得意じゃなさそうで…。さらにミルコ人気しそうだしかなり微妙。 ジュンがG1獲れるか? 無理でしょ!

初期イメージ通りいくならば

🐴ウムブルフ

前走の勝ち方が菊花賞の勝ち方にリンクする。
格上げ鮮度抜群のディープ産駒。騎手も菊花賞勝ちのある濱中なら信頼度も高い。


キンカメ産駒は適正合わない
→エアスピネル、ミッキーロケット
どうせ人気も背負うし無印でいいのでは?

◎ウムブルフ
○サトノダイヤモンド
▲ディーマジェスティ

☆アグネスフォルテ

△レッドエルディスト
△ジュンヴァルカン
△ジュペルミエール
△カフジプリンス


と、ここまで水曜日。



2014とリンク案を考察する。

ダービー神戸新聞杯を勝ちダントツの1人気ワンアンドオンリーが大負け。
皐月賞セントライト2着で2人気トゥザワールドも着外。

この辺りが今回のサトノダイヤモンド、ディーマジェスティと被る。
そもそもディープなので得意舞台ではないし、
ディーマに限っては関東馬。14年間勝ち星はない。 人気なら怪しんだ方が得策だ。

2014勝ち馬はトーホウジャッカル。神戸新聞杯3着。 2着はサウンドオブアースで同じく神戸新聞杯2着。

今回の神戸新聞杯2着3着は
サトノダイヤモンドを追い詰めたミッキーロケットとレッドエルディスト。

2014 3着はゴールドアクター。
北海道戦を2連勝で今回のウムブルフと被る。
2連勝繋がりでジュンヴァルカン、シュペルミエールも挙げておきたい。
ウムブルフは関東馬、ディープ産駒が引っかかる点。 シュペルミエールは戦ってきた相手が弱いも、絶好内枠。 ジュンヴァルカンは休み明けでさらに大外枠と少し厳しい条件か。

このように2014とリンクさせると

◎レッドエルディスト
○ミッキーロケット
▲ウムブルフ
△サトノダイヤモンド
△ディーマジェスティ
△シュペルミエール
△ジュンヴァルカン


う〜ん。イマイチだな。

ここから土曜日の予想。
毎回この辺りから予想がおかしくなっていくのだが今回は果たして…。


土曜からイメージ通りのイン差しを試している岩田騎乗のカフジプリンスが馬券内濃厚か。
大方の予想家が語っているように神戸新聞杯の負け方も良いし、血統も向いている。展開予想をした上でも絶好枠の1番と、この馬の好走は容易に想像できる。

ではこの馬から行くか…。

いや、そんな安直な考えでは馬券は獲れない。

もう1頭、先週の日曜日時点で注目していた馬がいる。

札幌2000mの1000万を勝ち上がったミッキーロケットと前哨戦とはいえ互角の勝負をした1人気サトノダイヤモンドと比べ、
札幌2000mの古馬重賞G2で年度代表馬モーリスと差のない3着で終いもグイグイ伸びてきた馬。

これが現在も全く人気していないのならば買うべきではなかろうか。

本命は
🐴レインボーラインで決まりだ。

人気薄なら福永も買える。注目されていない状況でシレーッと3着のパターンに期待しよう。
いや、ディープ産駒や関東馬が獲れないレース。むしろ頭のチャンスも大きい。


◎レインボーライン
○ディーマジェスティ
▲サトノダイヤモンド
☆カフジプリンス
△レッドエルディスト
△ミッキーロケット
△ウムブルフ


3連単
◎-○▲☆マルチ
3連複
◎-○▲☆-◎○▲☆△

0

富士S 予想

2016 富士S

・ディープ産駒やリファールの血
→ダノンプラチナ、ガリバルディ、テイエムイナズマ


・ディープ産3連勝中

・決め脚上位を狙う。逃げは決まらない。


◎ダノンプラチナ
○ロードクエスト
▲ガリバルディ
☆テイエムイナズマ


もう3分で予想終了❗️

0

秋華賞 予想

2016 秋華賞

血統的にはこの3種だけで良い。

・ディープ
→ビッシュ、ヴィヴロス、レッドアヴァンセ、パーシーズベスト

・キンカメ、キンマン
→エンジェルフェイス

・グレイソブリン
→エンジェルフェイス、ウインファビラス、キンショーユキヒメ、ダイワドレッサー

・勝ち切るならディープ産駒

・逃げは実力馬以外は来ない
→近年過去にヴィルシーナのみ。


🐴ビッシュ
→名前が微妙だよね…。馬体重も軽い。
有力馬の回避で押し出された1人気ではある。

🐴ヴィヴロス
→紫苑Sは不利がありながらも最後詰めて2着は評価できるが、福永が大きくマイナス。
そもそもそんなに強烈な不利じゃなかったよね?と疑わしくなる。こちらも馬体重軽い。

🐴レッドアヴァンセ
→馬体重も増え、京都も連勝してるので舞台は整った。その上絶好の赤枠。 といかにも買いたくなるが、ここは冷静に。
武豊は内枠でも後方から外差しするパターンも多く、それをやるとこの舞台は届かない。 そもそも買い時は休み明け馬体重増の前走で、全く見せ場なしに終わっている。単純に重賞クラスだと通用しない可能性も。

🐴ジュエラー
→調教不安でさほど人気は被らないかも。
ミルコが京都2000あまり得意ではないデータがあるが、それにしたってやっぱりG1のミルコは強い。

🐴ダイワドレッサー
→ラジ日経賞ではゼーヴィントの2着と、強さを見せた。 牝馬限定戦なら上位の力ある。





今年のローズSは2強の参戦もあってメンバーが揃わなかった。 そんな背景から重賞に格上げされた紫苑Sに有力馬が集まったので、例年のデータには現れない紫苑S組みを評価する。

桜花賞と秋華賞の2冠という例はないが、ミルコの1発はやはり怖い。
行く馬がおらず、スローペースになりそうなので穴は☆エンジェルフェイス。血統的にもこのレースで好走しているキンカメで期待大!

◎ビッシュ
○ジュエラー
▲ヴィヴロス
☆エンジェルフェイス
△パーシーズベスト
△パールコード
△フロンテアクイーン


馬券
馬単◎-○▲☆
馬単○-◎▲☆
3連複◎-○▲☆-○▲☆△
3連単◎-○▲☆

ボーナス
3連複◎☆-総流し



0

府中牝馬S 予想

2016 府中牝馬S

データ解析

・ディープ産駒が勝てない
→スマートレイアー、リーサルウェポン

・4年連続 母父サンデーサイレンス 勝利中
→メイショウスザンナ

・リピーターレース
→カフェブリ、スマートレイアー

・外枠がやや有利

・マンカフェ産駒
→クイーンズリング、シングウィズ

・ブライアンズタイム産駒
→カフェブリ

・4,5歳が圧倒的に絡む
→カフェブリ、スマートが6歳

・東<西 ここ10年で8勝7連対と圧倒的
東は割引き
→マジックタイム、カフェブリ、シュンドルボンと有力どころが割引きに。



微妙に実績のある馬よりも1発のある馬を選んだ方が良い。 そこそこ荒れるレース。
父サンデー系じゃない馬が勝ち切るレースで、有力馬がお試し練習で参加するレースなので思い切って狙うべし!


🐴マジックタイム
→1600実績は抜群だが、1800の距離が合うかどうか。最内枠も決してプラスではない。
人気のハーツクライ産駒で期待値低い。
ただそれらを差し引いてもこの馬の終いの脚は確実で、ルメールなら馬券内の可能性は高い。

🐴クイーンズリング
→データ解析から買うならこの馬になるが、ミルコは土曜日だと手を抜く傾向あり。
マンカフェ産駒で大外枠の距離延長はプラス。
しかし、強い馬なのに東京だとなぜか走らない。不安の方が強いか…。

🐴メイショウスザンナ
→2000からの距離短縮。短縮はよく決まっており、1800もベスト。外枠も良い。牝馬限定戦も良く、府中得意の蛯名騎手を乗せてきて勝負気配もある。全く人気はないが今回唯一の母父サンデー。大穴はこれだ。

🐴アスカビレン
→2連勝中で、格上挑戦で鮮度あり。
とは言っても2走前はバイガエシを蹴散らしており、かなり強い内容。 過去にはアンドリエッテと差のないレースもしており、前走も人気に応え完勝と勢いあり、勝ち切る強さある。


まとめ

思い切って、メイショウスザンナ本命を考えたが、あまりにも戦績が頼りない。
アスカビレンの本命も考えたが、結構人気してるうえに鞍上松田は頼りなさすぎる。

データ上ではあまり買えないがマジックタイムがやはり強い。 2番人気なら買いだろう。
牝馬限定戦で2ケタ人気もよく来るレース質なので3列目は総流しで。


◎マジックタイム
○シャルール
▲シュンドルボン
▲クイーンズリング
☆メイショウスザンナ
△カフェブリリアント
△スマートレイアー

3連複
◎-○▲▲-総流し 30点

穴狙いで、リピーター2頭を軸に
☆-△△-◎○▲▲△△ 9点

0

京都大賞典 予想

キンカメが勝ち切る傾向
→ラブリーデイ、ヒットザターゲット


グレイソブリン系がよく来る
→ヒットザターゲット、ラブリーデイ、アドマイヤデウス


逃げ馬は馬券にならない
→ヤマカツライデン


ここはキタサンブラックで仕方ないか。
この馬を避けて少頭数になっているし、今現在、間違いなくJRA最強馬。
ただ、京都開幕週はとんでもなく高速馬場になっているので、強烈な上がりのある馬に差されそうではある。
となると…。

◎ヒットザターゲット
○キタサンブラック
▲サウンズオブアース
☆ラブリーデイ
☆アドマイヤデウス

本命はミスター大賞典ヒットザターゲット。
外枠を引いてしまったが、乗り馴れた小牧騎手なら少頭数でもあり、内に入れてくる。馬券内狙いで。

案外混戦で、アクションスター以外が消せなかったので3複で。

◎-○▲☆☆-総流しアクションスター以外。

0

毎日王冠 予想

有力馬の差し届かず前で決まりがちなレース。
真っ直ぐに予想しても当たらない。
内枠、逃げ馬、先行馬を意識すること。


・近年逃げ馬が馬券に絡む
→マイネルミラノ

・天皇賞秋はこのレースで差し損ねた馬が来るのでこのレースでは天皇賞を勝ちそうな上がりの速い馬の印を落とす
→ステファノス、アンビシャス、ルージュバック

・同様にディープ産駒のような決め手のある馬は頭で来れない
→ステファノス、アンビシャス、ヒストリカル
ディサイファ、ダノンシャーク


グレイソブリン系がよく来る ※頭まで
→該当なし


父ダンスインザダークがよく来る ※頭まで
→クラレント

東京1800得意
→ディサイファ、ステファノス

距離短縮
→ステファノス、ロンギング、マイネルミラノ、アンビシャス




逃げはマイネルミラノ。
外枠引いたウインフルブルームが続く。
ロゴタイプが続いて先行。
最近ズブいクラレントは前に行けない。
インの絶好ポジションにはディサイファか。
揉まれたくないルージュバックは大外を中団から。 王道の競馬をしたいステファノスは中団少し後ろ。 今回末脚を使う指示の出たアンビシャス、横山典で追い込み1発を狙うヒストリカルは最後方待機。

有力馬の展開はこんな感じ。

🐴アンビシャス
コメントを見ても完全にお試しの叩き上げ。
調教も平凡で、ルメールも後ろからの競馬はあまり得意ではない。キタサンブラックやドゥラメンテと勝ち負けしてきた有力馬。
どうせ人気するならバッサリ消す!

🐴ステファノス
狙いは天皇賞。 2000以上だとパフォーマンスを発揮できないのでジャパンカップまでは狙ってこない。ともすると1800の毎日王冠も普通に狙ってきそうで、調教の気配も抜群。

🐴ルージュバック
枠順しだいでは消したかったが…この馬にとっては絶好の外枠。 天皇賞かエリ女への叩き台。

🐴ディサイファ
絶好の枠。 東京1800の鬼で、先行できるディープ産駒。 このレース連覇中の武豊を配して万全か。

🐴ロゴタイプ
狙いは天皇賞でここは叩き台。
安田記念は何もかもが上手く行った1着。
本来は中山コース向きで東京コースは割引か。


◎ステファノス
○ディサイファ
▲ウインフルブルーム
☆マイネルミラノ
△ルージュバック
△ロゴタイプ
△クラレント


マイネルミラノが馬券内に粘れるか粘れないか。確実に来そうなのはディサイファで、勝ちに来そうなのがステファノス。
ミラノが粘れなければロゴタイプやウインフルブルームが残るし、ミラノが粘ればルージュバックやクラレントが突っ込んできそう。

◎と○は頭狙い
馬単◎軸○▲☆
馬単○軸◎▲☆

確実に
3複◎軸○▲☆△

ボーナスで
3単◎軸○▲☆

0

サウジアラビアRC 予想

2016 サウジアラビアRC

・ここ2年は父ネオユニバース系が馬券に絡む。
→該当なし

新しい重賞なのでレースデータは上記ぐらいしかない。 人気に左右されず、前走内容や調教、馬場をみて予想する。


当日ドカッと雨が降り、スローペースになりがちで前も残るが差しも届くややこしい馬場に。
力のいる馬場のようなので重めの血統で決め手ある馬を選んだ。

◎ブレスジャーニー
○ダンビュライト
▲ロジムーン
☆サクセスムーン

◎は前走の東京未勝利1600が強かった。
その2着馬▲も評価する。
重めの馬場で新馬圧勝した○を対抗に。
逃げ粘りに期待して穴で☆。

1人気のデムーロは土曜日なんで本気じゃない筈。みんな狙ってる感じなんで避けてみた。


馬券は
馬連、馬単、3単
◎軸○▲☆

0

スプリンターS 予想と反省

スプリンターS

・サンデー系は勝てない?
→ここ10年で2015のフジキセキだけ。
ただし、2015は1着から3着独占!と傾向が変わってきている可能性はある。


・母父ミスプロ系は3着止まり。
→ビッグアーサー、シュウジ

・サンデー系、フォーティナイナー系は2着多い→ブランボヌール、ソルヴェイグ、ウリウリ、ミッキーアイル

・勝ち切るのはヴァイスリー系かミスプロ系が多い
→レッツゴードンキ、ダンスディレクター、ティーハーフ


・穴は内枠から
→ティーハーフ、ソルヴェイグ辺りか。

・穴は2走前に逃げ先行で勝ち負けした馬。
→ソルヴェイグ

・前走セントウルS、キーンランドSのローテ
で勝ち負けしてるのに人気無い馬が狙い目
→エーシンヴァーゴウやウキヨノカゼみたいのを探す。
→シュウジ、ネロ辺りか。

☆TVCMは床屋さん💈白赤青



まずは当然ながらビッグアーサーを怪しむ。
ネロやラヴァーズポイントと差の無い競馬してるのに絶対王者のような言われよう。
ロードカナロアには程遠い。
かと言って他に強いのもいないが、3,4着ぐらいのイメージでいいだろう。
鞍上も福永と、G1では用無しだ。

🐴ブランボヌール
→前走で1200の適正を見せ、大幅に体重を増やしパワーアップしての勝利は大きい。
ディープ産駒で格上重賞挑戦の流れも鮮度高くて良い。馬名の白い幸福もTVCMの笑顔の内容とマッチしていてサイン的にもバッチリだ。
ただ、武豊が1200を差して勝つイメージがあまり湧かない。

🐴レッドファルクス
→陣営も認めているように左回りがベスト。
今回はミルコが騎乗してくれるから出走に踏み切った。 G1右回りは厳しいか。しかしながらやはり頼りになるミルコ。人気的にも狙い目だ。

🐴レッツゴードンキ
→現在ベストの1200。調教抜群で復調気配のある岩田。内枠でも引けば楽しみ。
→残念ながら外目の枠。厳しいか。


◎ブランボヌール
○ネロ
▲シュウジ
☆ソルヴェイグ、



上位人気がそこまで強くないので思い切って狙う作戦で。
1200に適正を見せ、調教も抜群。ここにきて復活の兆しを見せている岩田騎手騎乗で十分チャンスあり。夏に負けた馬とは斤量差もなくなり、逆転できる。

夏にちょっと活躍した程度の馬が人気しているのでその辺りを嫌えば配当も期待できる。

上がり馬の中では安定して好走し、中山適正もあるネロをチョイス。大外枠のせいか不思議と人気も無く、ここには印をまわしたい。

◎レッツゴードンキ
○ミッキーアイル
▲ビッグアーサー
☆ネロ



結果
1着レッドファルクス
2着ミッキーアイル
3着ソルヴェイグ

で3単18万。

予想はかなり惜しい!
レッドファルクスにはかなりの評価をしているのに過剰人気を嫌って無印に。
右回りが苦手なのとCBC賞からのローテが買いにくかったが、それを度外視しても大一番のデムーロは買いだった。血統スウェプトオーバーも買いにくいが、サンデー系が1着になりにくいレース質を考えるとアリだった。

ソルヴェイグは穴で注目していたので☆評価。
前走で負けてから間隔空けてのダイワメジャーというのも良かった。

これにネロ、シュウジ、ミッキーアイルと前残りそうな人気馬を相手にするだけ。
思い切ってビッグアーサーを消してるんだから勿体無い。

レッツゴードンキはちょっと情が入ってしまった。 岩田は今年はダメだ。マイルチャンピオンまで待とう。

正解はこれ。

◎レッドファルクス
○ミッキーアイル
▲ネロ
☆ソルヴェイグ
△シュウジ
△ブランボヌール
△ビッグアーサー

こういう風に印をまわせるようになろう。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。