馬夢想

〜人の行く 裏に道あり 花の山〜
0

オールカマー 予想

2016 オールカマー

中山2200が得意なんだけど、前走は春のG1で厳しすぎたとか、東京・新潟あたりの真逆のコースで凡走した馬が狙い目。
→クリールカイザー、ショウナンバッハ

上がり馬よりも中山巧者
→ツクバアズマオー

血統はトニービン、ニジンスキー、ステゴ
→ショウナンバッハ、ツクバアズマオー、マイネルメダリスト、サトノノブレス、ワンアンドオンリー、カレンミロティック


🐴サトノノブレス
→過去2年このレースで凡走しているので、条件が合っていないと見る。

🐴マリアライト
→強いディープ産駒。だが、中山戦績は3着が最高とあまり走れていない。妙味を取ってここは4着で考えてみる。

🐴カレンミロティック
→完全に叩き台で、しかも大外枠。
人気薄で買いたい馬なのでここは軽視。
→ぜんぜん人気なし! それならば能力は当然高く、前残りもぜんぜん考えられるので抑えるべきか。

🐴クリールカイザー
→条件は1番合っている。 ここを叩き台にしてる馬ばかりだが、この馬はここがメイチ。勝ちに来ている。鞍上の田辺もこの条件得意で頼りになる。

🐴ゴールドアクター
→次に繋がる競馬を。と完全な叩き台ではあるが、中山も得意馬場でここは手堅いか。
しかし、スクリーンヒーロー産駒は一度負けるとバタバタと負けるイメージも…。


◎クリールカイザー
○ゴールドアクター
▲ツクバアズマオー
☆マリアライト


馬連、馬単
◎-○▲☆

3連単
◎-○▲☆

スポンサーサイト
0

神戸新聞杯 予想

2016 神戸新聞杯

毎年堅い。
が。ディープ産駒は1着になれていないレース。


・血統ならトニービン




サトノダイヤモンドに勝てる馬を探す。
ここは本番を意識して池添騎手を乗せてきたナムラシングンがいいだろう。
すでに菊花賞で注目されているほどの器で、ここで結果を出して本番に進みたい。

浜中を乗せてきたイモータルも注目!
少し力のいる馬場になっているので共同通信杯で見せた粘り腰を期待。


◎ナムラシングン
○サトノダイヤモンド
▲エアスピネル
☆イモータル


馬連、馬単
◎-○▲☆

3連単
◎-○▲☆

0

ローズS 予想

2016 ローズS

・オークス馬は切れない
→シンハライト

・血統トニービン、グレイソブリン系
→フロム、クリノ、アドマイヤ、バレエ

・夏に1度使われた馬
→カイザーバル


ディープ産駒で期待のレッドアヴァンセだが、音無さんは本番に向けて調子を上げていく!そうでどうやらここは叩き台か…。

当日、大雨に見舞われ、おそらく重か不良馬場での開催となるだろう。
同じく大雨の2014年のローズSを参考にする。

勝ち馬はデニムアンドルビー。
思い切って最後方からの追い込みを決める。
2着は大穴シャトーブランシュ。
こちらも4コーナーでは最後尾で勝ち馬の後ろを付いてきた感じ。見事な追い込み。
3着は僅差でウリウリ。
5着も僅差でウインプリメーラ。
この辺は首の上げ下げで両馬とも内枠を利してインで脚を溜めて差してきた。
4着はオークス馬メイショウマンボ。
中段から差してくるも、インとアウトの差し馬に挟まれ伸び切れず。


これを参考にすると、やはりシンハライトとジュエラーが後方から差し込む絵面が見えてくる。ではどちらが1着か。 この両馬はチューリップ賞と桜花賞ともに鼻差の大接戦で枠が外の方が勝っている。今回はシンハライトが外になるので、シンハライトを勝ち馬とする。

逆にジュエラーは骨折明けの初戦ということでさすがに無理はしてこないだろう。ということで着外想定しておく。じゃないと配当が安すぎるので…。

それではウリウリとウインプリメーラ、シャトーブランシュを探そう。

シャトーブランシュに該当するのはアドマイヤリード。桜花賞で最後方から追い込み5着の脚は軽視できない。鞍上もルメールに強化し、勝負気配も上々。

ウリウリ、ウインプリメーラに該当するのは
内枠のカイザーバルとクロコスミア

特にクロコスミアはここ2戦は大外枠で出番無し。内枠は好走が多く、レースを見直すと勝浦騎手じゃなきゃ勝ち負けだったレースもいくつかある。
ここにきて鞍上も内枠得意の岩田騎手に変わり、ここは人馬ともに得意の内枠で大穴をあけてもらいたい。

◎シンハライト
○アドマイヤリード
▲カイザーバル
☆クロコスミア



やっぱやーめた!

当初の予定通り
馬体重を大幅に増やしてきた
◎レッドアヴァンセ

の一発に期待❗️

0

セントライト記念 予想

2016 セントライト記念

・ダービーで展開が向かなかった馬
→マウントロブソン

・夏に上がり最速で勝った馬
→ネイチャーレット

・ラジニケ杯組は馬券にならない
→ゼーヴィント

・ディープ産駒は割引き
→過去にもサトノラーゼンやヒラボクディープが1人気で飛んでいる。

※今回、人気上位がディープ産駒に偏るのでここをどう捉えるかがポイント!

穴あける血統
・ロベルト系
→ネイチャーレット、ディーマジェスティ、ゼーヴィント、ノーブルマーズ、メートルダール

・ステイゴールド系
→ステイパーシスト、アルカサル


大変困ったことに人気のディープ産駒2頭にもロベルトの血が入っていてディープ産駒ながら中山非根幹距離にも適正がありそう…。
さぁどうする。

※ブライアンズタイム産駒は休み明け走らない
→ディーマジェスティ、ゼーヴィント

相手アップで鮮度あるのはゼーヴィントのみ。
ここはディープ産駒の法則に従い、ラジニケ杯は馬券にならないジンクスを破ってもらおう。

◎ゼーヴィント
○ディーマジェスティ
△メートルダール
△マウントロブソン
△プロディガルサン
△プロフェット
△ステイパーシスト

単勝◎
馬単◎○
3単◎○△

0

セントウルS 予想

2016 セントウルS

1人気が叩き台で2着になるレース。
今年のスプリンターズSで主役を張るであろう
🐴ビッグアーサー。 これに鞍上が福永ならなおさら2着が指定席だろう。歴代の名スプリンターに比べれば然程強い馬ではない。着外もある。
この馬に勝てる馬を探す。

🐴ネロ
→夏に使われピークは前走。開幕週の馬場はこの馬の脚に合う。土曜日は前残りの完全内伸び馬場。鞍上内田はちょっと微妙。

🐴ダンスディレクター
→力はあるが、こちらは長期休暇開け。
脚質的にも後ろからなので、開幕週がどうか。
鞍上浜中。ビッグアーサーに2回先着してる点は1番の買い材料。

🐴エイシンブルズアイ
→力はあるが、こちらも後ろからの競馬。
中山重賞勝ちはあるが、京都を中心に使われており、坂があまり得意ではないかも。石橋騎手も阪神騎乗少なく不安。馬体は良いデキ。

🐴スノードラゴン
→こちらも後ろから。斤量57は久しぶりに軽くなり、鞍上川田も悪くない。内伸び馬場で大外枠はかなり不利。

🐴ウリウリ
→鞍上ミルコは魅力。鮮度なしのディープ。
昨年の2着馬だが、昨年はメンバーレベルが低く、流石に6歳牝馬でさらなる成長はないだろう。マカヒキ関連でムダに馬券も売れそうで。


勢いある若駒や逃げ馬が活躍するレースだが、今回はそういった馬が見当たらない。
ビッグアーサー始め、有力馬が揃って後ろからの差し競馬になる中、先行力あり、順調に夏も使われてスピードをつけてきたネロが有力。
しかし鞍上内田が信頼できない。

最後にネロを内で脚を溜めてインから差してこれる馬は…鞍上込みでもダンスディレクターしか見当たらない。 浜中騎手はこういった馬場傾向をレースに活かせるナンバーワンの騎手。
加えてビッグアーサーにも重賞で先着してる力のある馬なので内枠の今回は頭で狙いたい。


◎ダンスディレクター
○ネロ
▲ビッグアーサー

0

京成杯AH 予想

2016 京成杯AH

ハンデ戦らしく順当には決まらない。
今週の重賞は割と人気所で決まりそうなので、このレースだけ穴っぽく狙いたい。

とりあえずディープ産駒から
🐴ダノンプラチナ
→58kと久々がどうか。
蛯名騎手は70%のデキとコメント。
助手は自信満々だが…。

🐴ラングレー
→走るなら前走。鮮度なし。

🐴リーサルウェポン
→50kは魅力だが、これまでも軽ハンデでことごとく通用せず、弱いディープ産駒。

今回はディープ産駒は割引きでいいだろう。
頭は無いとみる。

では何が頭で狙えるか。

🐴ロードクエスト
→最強3歳世代でおそらく1人気。当然力は通用するが、開幕週中山で脚が届くかどうか。

🐴ダノンリバティ
→重賞2着ばかりで制覇もあと一歩! キンカメ産駒なので大崩れはなさそう。
騎手が狙える騎手なら。→松若…微妙。

🐴ピークトラム
→中山得意。1600もベスト。 前走人気でコケたので人気落ちれば。逃げ馬がいないのでスローの前残りになればこの馬の出番。

🐴トウショウドラフタ
→1400がベストと思われているが中山1600は東京や中京1600で求められる走りと違うのでこなせそう。 一発のある脚を持ち、そんな馬の扱いに長けている鞍上吉田豊も合う。



雨降って稍重の芝。
タフな馬場状態で差し届く馬場。まさに狙い時だろう。トウショウドラフタの一発に期待する!

◎トウショウドラフタ
○ロードクエスト
▲ダノンリバティー

0

紫苑S 予想

2016 紫苑S

新設重賞とはいえオープンの時と条件は一緒。
メンバーレベルは多少上がるが過去のレースは参考にしてよい。

オープンの時の好走血統
・グレイソブリン系
→ウインファビラス、エンジェルフェイス、ファータグリーン

・前走 桜花賞、オークス組はほとんど馬券にならない。 ここ5年でパララサルー1頭だけ。

・前走条件戦1着か上がり1位を狙う。
→ヴィブロス、パーシーズベスト


🐴パールコード
→中山2000はおそらくベストのピサ産駒。

🐴ヴィブロス
→内田騎手で重賞大敗。その後立て直し、改めて鮮度を持っての重賞挑戦。鞍上福永の牝馬は買える。格上挑戦の鮮度あり。
軽量馬なのでプラス体重は絶対条件。

🐴ビッシュ
→オークス3着はミルコが上手く乗った。
軽量馬なのでプラス体重は絶対条件。

🐴ファータグリーン
→中山コースでの田辺騎乗の時は向正面でマクリ上がる。そのまま上位争いできる体力があり、血統背景からも穴馬として狙いたい。


◎ヴィブロス
○パールコード
▲ファータグリーン


◎単勝
◎○馬連、馬単
◎○▲3連単

0

小倉2歳S 予想

2016 小倉2歳S

・キンシャサノキセキ産駒
→該当なし

・ダイワメジャー産駒
→レーヌミノル、オールポッシブル

・関西馬
→関東馬はここ10年一昨馬券になっていない。


ここ3年は人名を持つ馬が3連勝中。
シュウジ、オーミアリス、ホウライアキコ

今年は?
→キョウヘイ、クインズサリナ、レーヌミノル、シゲルベンガルトラ

しかしこんなにいるもんかw
しかもマジで走りそうな馬ばかりw

ミノルとシゲルは冠名なので除外。

キョウヘイ、サリナは前走のレースっぷりも優秀で非常に難しい選択だ…。


単勝◎キョウヘイ

🐴キョウヘイの一発に期待する。
前走の上がりタイムは秀逸で単純にタイム的には1番時計。 先行馬が多い中で差し勝負になればこの馬の出番だろう。高倉騎手もそういったレースが合うだろう。フラガラッハのイメージで差し込んで欲しい。

ちなみに高倉騎手はレース当日誕生日らしいので頑張ってほしい。

0

新潟記念 予想

2016 新潟記念

なんせディープ産駒!
→ダコール、アルバートドッグ、クランモンタナ、アデイインザライフ、エキストラエンド
多いな…。

この中で重賞鮮度が高いのはアデイインザライフ。

新潟記念で2着のある🐴クランモンタナ。
前走の重賞勝ちでどれだけ人気になるか。
→かなりズブいので騎手は追い通しになる。相手も強くなり、先行したい馬も他におり、
今回斤量も増え、終いの直線も長くなることから前回のように上手くいくかどうか。と陣営のコメント。

🐴エキストラエンドは新潟は3戦して惨敗とあまり良いイメージはない。
内枠引いたので馬券には絡みそうだが、今の岩田を頭では買いにくい。

🐴アデイインザライフ
鮮度あるディープ産駒で本来なら迷わず本命。
心配は鞍上典さん…ぐらいか。
過去に騎乗歴もあるが、大外枠のときは最後方ばかり…。 加えてこの馬はスタートが遅く、ほぼ間違えなく最後方からの追い込み競馬になるか。 あまり展開面をとやかく言っても仕方ないので素直に買うべきか。人気次第。

🐴ダコール
8歳。58k。
しかしここにきて鞍上大幅強化でミルコ。
なかなか勝ちきれないレースが続くがどうなるか。新潟2000は6戦して1勝、馬券内2回。
これまではチャンスをモノにできていない。

🐴アルバートドック
4歳。まだ鮮度もあるディープ産駒。
G1勝ち負けはないが重賞2勝の特例ディープ産駒で、ここもあっさり勝ってしまいそう。 今年のハイレベルレースとなった小倉大賞典の勝ち馬。 鞍上戸崎も絶好調。新潟は初で初コースの鮮度もある。戦績から58kも仕方なし。人気次第!


普通に予想してしまうと戸崎アルバートドッグかミルコダコールになってしまう。
人と同じ予想をしていては勝てなのは言うまでもない。ここは他のディープ産駒で狙うべき。

やはりディープ産駒の鮮度に賭けよう。

単勝◎アデイインザライフ

ボーナスで馬単も少々。

0

札幌2歳S 予想

2016 札幌2着S

・重めの血統
・前走上がり1位2位
・ディープ産駒は苦戦
・母父サンデー系



🐴インヴィクタ
父ハービンジャー
母父フジキセキ
ノーザンファーム

☆ハービンジャー産駒の狙い目!
・芝
・右回り
・母父サンデー系、ヴァイスリージェント系、ロベルト系、グレイソブリン系
※特にサンデーサイレンス、フジキセキ、ダンスインザダーク
・ノーザンファーム生産
・460k以上
・関西>関東
・距離1600以上
・洋芝適正
・外国人騎手

これら全てに該当し、絶好の狙い目。
且つ3番人気と馬券的にも買える範囲内。
騎手もルメールで信頼できる。

◎単勝
◎○馬単、馬連
※1人気の逃げ馬タガノアシュラとの馬単、馬連でボーナス狙い。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。