馬夢想

〜人の行く 裏に道あり 花の山〜
0

高松宮記念 予想

迷いましたが。。

◎ミッキーアイルでいきます。

このスプリント路線は新生が現れておらず、去年は重馬場で3着でしたが良なら勝っていたこの馬が
現時点No.1でしょう。
馬場も高速馬場になっていてこの馬にとってはベスト条件。
鞍上が心配ではありますが、ドリームバレンチノで勝ち負けもしていますし、前走もキッチリ快勝したので
信頼してみましょう。

馬券は前に行ける馬を中心に変則3単フォーメーションで。


◎ミッキーアイル
○ハクサンムーン
▲ビッグアーサー
▲エイシンブルグアイ
☆アルビアーノ
△ウリウリ
△ローレルベローチェ

スポンサーサイト
0

マーチS 予想

傾向として8枠の馬がよく馬券に絡む。
津村Jや丹内Jでも勝てるレースなので騎手に拘らないほうがよい。
1人気はコケる傾向あり。
逃げ先行脚質より差しが決まりやすい。
6人気以内でだいたい決着する。

母父サンデーが勝ち切る
▶️サンマルデューク


◎サンマルデューク
○バスタータイプ
▲ドコフクカゼ
☆モズライジン
△クリノスターオー
△イッシンドウタイ
△マイネルクロップ

馬券は◎☆-◎○▲☆-◎○▲☆△の19通り

0

日経賞 予想

同コースとなる有馬記念の上位が出走してくるので人気でも消すに消せません。

ここはこの馬の1発に期待します。

🐴マリアライト G1で勝ち負けする強いディープ産駒は何度も重賞で好走します。 特に牝馬にその兆候が目立ちます。(🐴ジェンティルドンナや🐴ラキシスなど。)  
この馬も相当に強く、特に優勝したエリザベス女王杯は上位のその後の成績が素晴らしくハイレベルレースであったことが裏付けられています。


◎マリアライト
○ゴールドアクター
▲サウンズオブアース
☆ディサイファ
△アルバート
△ホッコーブレーヴ
△フラガラッハ

リピーターレースでもあるのでホッコーブレーヴやフラガラッハが間違って突っ込んできてくれれば高配当!


馬券は
◎単勝
◎-○▲-印 3連単10点

0

毎日杯 予想

レース質としてはとにかくディープ産駒が走る!

しかし、今年は有力なディープ産駒が回避し、微妙なディープ産駒が1頭。
🐴ディープエクシードは重賞初挑戦で鮮度はあるものの未勝利を抜け出すのに時間がかかりすぎ。
やっと勝った前走も重馬場と、普通に弱い可能性が強い。

🐴スマートオーディンに人気が集中していますが、1人気戸崎騎手はあまり来ないんですよね…。
馬も前走はペースが合わず負けたと言われているが、果たしてどうだろうか。あまりにも負けすぎなんですよね。 他の原因がありそう。
血統もディープやキンカメならまだしもダノンシャンティ産駒なので信頼性は無い。

このメンバーなら
🐴ロワアブソリューを狙いたい。

新馬戦は🐴ミッキーロケットや🐴エンジェルフェイスを置き去りに圧勝。 前走アーリントンも不利な大外枠から見事な差し脚で勝ちに等しい内容と、このメンバーの中では1枚抜けている印象。

この馬を評価するならばアーリントンで差のないレースをしたアーバンキッドも高く評価しなければなりません。
前走1人気からの人気落ちで内枠捌くのが上手い石橋騎手にも期待!


◎ロワアブソリュー
○スマートオーディン
▲ディープエクシード
☆アーバンキッド
△タイセイサミット


馬券は
◎単勝
◎軸○▲☆△ 3連単12通り 訂正 ◎☆軸○▲△ 3連複3点

0

フラワーC 予想

割と相性の良いレースなんですが、今年はかなり低調なメンバーとなりました。

レースの特徴としては牝馬の中山1800ということで馬格のある力のある馬が馬券内に絡む傾向があります。

今年は1人気になりそうなエンジェルフェイスが該当。 逃げ切りもよく決まるレースで脚質も合いそう。 ただし盤石というわけでもなく、レース内容が良いとはいえ未勝利上がりで鞍上は福永騎手。
単勝買いは少々危険に思われます。

それならば、昨日同コースを内枠から勝ちきったシュタルケ騎手のギモーヴに期待したい。

2戦前はアドマイヤダイオウ、ヴァンキッシュランといった強豪相手に3着。 前走も常に大外を走りながら楽な手応えで快勝と、今回のメンバーの中では1番魅力を感じました。 3か月の休み明けなのでおそらく馬体重も増えてくるはず。 そうなればフラワーCの好走条件も満たしてくるので、単勝オッズ9倍なら狙っても良い。

◎ギモーヴ
○エンジェルフェイス

◎単勝
◎○馬連


0

阪神大賞典 予想

ここは人気どころが怪しい。

トーホウジャッカルは言うまでもなく万全かどうかわからない状態。

シュヴァルグランは大外で福永といかにもとりこぼしそう。

アドマイヤデウスは不調の続く岩田。距離も長いか。

タンタアレグリアも善戦マンだが決めてがない。


消去方ではあるが、カレンミロティックに魅力を感じます。
去年の4着も不利が無ければ間違えなく2着でした。
春天の結果を見ても、ステイヤーであるのは間違えなく、この条件なら1番信頼できます。


◎01 カレンミロティック
○11 シュヴァルグラン
▲02 アドマイヤデウス
☆03 トーホウジャッカル
△04、05、06、07


◎軸3連複で。

0

スプリングS 予想

さて、ここは大きく狙います。

狙う馬券は単勝1本。

菜七子騎手の参戦で間違えなく応援単勝票が入っているので単勝がオイシイです。


◎01 マウントロブソン

ディープ産駒の初重賞で鮮度抜群。 絶好の単勝買い時です。
POG馬でもあるので、ここで快勝して3強の1角崩しに名乗りを挙げて欲しい。
ここ勝てば皐月ではエアスピネルより人気になるでしょう。 今が買い時です。

0

中山牝馬S 予想

うまいこと印をまわせませんでした。
狙いたい馬が少なく、無理に予想することもにないのかな…と。

このレースは血統的にはキングマンボ系を狙えば良いということで◎はすぐに決まりましたが、これ!といった相手が見つかりませんでした。

◎シュンドルボン
○ハピネスダンサー
▲キャットコイン
△ルージュバック
△アースライズ
△シングウィズジョイ


◎軸3連複で人気急降下の▲に期待しましょう。

0

フィリーズレビュー 予想

これといった馬もおらず、どうせデムーロルメールで決まるんでしょ?と思っていたらそれほど人気していない。新馬戦の内容も悪くなさそうなので騎手の腕でどうにでもなりそうなメンバー。それならば素直に両者の馬を軸に狙う。
◎ナタリーバローズ
○メイショウスイズキ
▲ソルヴェイグ
☆リルティングインク
△ダイアナヘイロー
△キャンディバローズ
△アットザシーサイド

ダイアナヘイローやクードラパンの本命も考えたが、国分騎手や田辺騎手に馬券内を期待するよりはデムーロ、ルメールに期待する方がはるかに効率がよい。 人気も馬質もそう変わらないのであればなおさら。
1400合いそうな○や▲に期待。
デムーロの頭馬券も買っておきます。

0

チューリップ賞 回顧

予想結果   ハズレ

◎12 ウインファビラス   10着
○13 カイザーバル     6着
▲02 デンコウアンジュ   5着
☆10 ブランボヌール    14着
△09 ジュエラー      2着
△11 シンハライト     1着
△16 レッドアヴァンセ   8着


△が2頭絡んでしまったのでお手上げ。。なんですが3着に人気薄のラベンダーバレーが入りなかなかの高配当。

今年の阪神JFのレベルが低いということは分かっていたんですが、過去のデータを信頼し、
JF組に重い印を回してしまったのが敗因ですね。
データはデータでしかありません。 しっかりレースレベルを見極めれれば軽視できました。
(まぁ結果論です。  来たら来たでやっぱりデータ通り!となるので。。)

ただこの10人気激走のラベンダーバレーは鮮度抜群のディープ産駒。
ぜんぜん買える馬なんですよね。。

ディープ産駒は現代競馬の中心となるので予想ファクターにつけ加えなければいけません。
ディープ産駒の狙い方の資料を後ほど載せておきます。
(ある馬券師の有料コンテンツですが、1部無料で公開されていたものです。)


さて、予想でも書いた通り 
レッドアヴァンセがいい感じで負けてくれたので
本番の桜花賞は全力でこの馬を買えそうです。

0

オーシャンS 回顧

予想結果   ハズレ

◎04 カハラビスティー   6着
○01 スカイキューティー  8着
▲02 ハクサンムーン    2着
☆12 ワキノブレイブ    13着
△03 ネロ         4着
△06 ゴールドペガサス   14着
△16 アルビアーノ     5着


予想は全くハズレですが、今回から取り入れた予想のコンセプトは大正解。 確かな手応えを感じました。
人気の3頭が馬券外となったのでこういうレースは獲らなければいけませんね。

◎ 不当に人気のないオイシイ馬
○ 枠順、騎手変更で人気落ちしている馬
▲ 前走人気で負けて今回人気落ちの馬
☆ ◎と迷った馬
△ 普通に強いであろう人気馬 ×3

少しずつ修正していく必要がありますね。

今回でいくと、○スカイキューティーとしましたが、これがミスチョイス!
枠順、騎手だけではなく、休み明けというファクターも付け加えるべきでした。
勝ち馬スノードラゴンは当初◎本命候補でもあったのでここに評価すべきでした。。

なぜ本命候補だったか。
それはこのレース いわゆるリピーターレースというやつで過去のレースをみても同じ馬の名前ばかり出てきます。
今回はこのスノードラゴンとハクサンムーンの2頭が過去に馬券に絡んでいます。
見事に今年もリピーターが好走するレースとなりました。
来年以降も今回の上位入着馬は覚えておきましょう。 

☆のワキノブレイブもしっかり鞍上典さんが割引きと書いたようにマイナス条件があった馬。
やはり手が合わなかったのか全く良いところ無しで終わっちゃいました。
「ヤらずの典さん」が出ちゃいましたね。
 
ここは展望段階でかなり予想人気も上位評価されていたエイシンブルズアイが当日5人気の単勝オッズ11倍。
何があったんだ?というくらいの人気急落っぷりでした。
これに気づいていたんですが、とある筋の評価が低かったのでバッサリ切ってしまった。。。
他人の評価など気にしてはいけません。 まだまだ未熟でした。。。
ただ、世間の評価はオッズとなって形に現れるので十分に気にする必要があります。

世間は大外枠でもルメールなら来る! ネロは前走度外視で適条件だし来る!
という評価でした。
しかし、結果は大きくオッズを下げたエイシンブルズアイが1着。休み明け人気落ちのスノードラゴンが3着
本来なら1人気でもおかしくないハクサンムーンが4人気で2着

見事に人気の盲点を突いた人が勝ち組みとなったのです。



狙いは良い。狙った方向も間違っていない。 

あとは冷静な正しい選定をするだけだ。

精進します。

0

弥生賞 予想

今年は3強が騒がれていますが、3強で決まったら仕方なし。
1角崩しをこの馬に期待します。

☆イマジンザット

共同通信杯でも2強を崩したのは格上挑戦のディープ産駒ディーマジェスティ。
昨日のチューリップ賞でもシンハライト、ラベンダーバレーが初重賞挑戦で馬券内と
やはりディープ産駒は新鮮なうちが最も買い時です。


馬券はイマジンザットから3強に3連単マルチで頭まで期待しましょう。 18点

☆08 イマジンザット
◎11 マカヒキ
○10 リオンディーズ
▲04 エアスピネル

1

オーシャンS 予想

新しい試みにならって

◎ 不当に人気のないオイシイ馬
○ 枠順、騎手変更で人気落ちしている馬
▲ 前走人気で負けて今回人気落ちの馬
☆ ◎と迷った馬
△ 普通に強いであろう人気馬 ×3


◎04 カハラビスティー
○01 スカイキューティー
▲02 ハクサンムーン
☆12 ワキノブレイブ
△03 ネロ
△06 ゴールドペガサス
△16 アルビアーノ


◎は今走人気の一角ゴールドペガサスを前走負かしているのに6人気という低評価。
そのレースの内容も良く、先行して垂れなかったのはカハラのみ。この人気はオイシイでしょう。

☆も迷いましたがこのメンバーなら十分に上位評価の馬ですが、なぜか7人気とこちらもオイシイです。
テン乗りの典さん ということで少々割引ました。(横山典は継続騎乗の方が良い)

○は新しい試みに該当する馬がいなかったので、もう少し人気あってもいいのでは?
と思ったスカイキューティーを選びました。 中山1200を連勝した遅咲きの上がり馬。 勢いを買います。

▲は本当ならネロにしたかったんですが、前走は大外枠ということもあり度外視され全く人気落ちせず。。
変わって4人気に甘んじているハクサンムーンを選びました。 
もし前走結果が出ていれば本来1人気の馬ですからね。


という訳で、若干試み通りに印はつけませんが、概ねこんな感じで良いと思います。
結果的に内枠先行馬が重い印の中心になったので、そういう展開になったらかなり良い線だと思います。

0

チューリップ賞 予想

さて、今回から新しい試みを実践していきます。

前記事の印の付け方にならって

◎ 不当に人気のないオイシイ馬
○ 枠順、騎手変更で人気落ちしている馬
▲ 前走人気で負けて今回人気落ちの馬
☆ ◎と迷った馬
△ 普通に強いであろう人気馬 ×3


◎12 ウインファビラス
○13 カイザーバル
▲02 デンコウアンジュ
☆10 ブランボヌール
△09 ジュエラー
△11 シンハライト
△16 レッドアヴァンセ



うん。 ワクワクする印ですね。 
さすがに11人気のカイザーバルに○してる予想家はそうはいないでしょうw
阪神JFの2,3着馬◎☆が5,6番人気なので普通にこれはオイシイと思います。

人気の1角レッドアヴァンセはPOG馬なので応援したいのですが、ここは前哨戦でコケてもらって本番で人気落ち状態で狙いたいですね♪

0

予想印の付け方と馬券への落とし込み

これまで予想をしてきて、予想印の付け方がハッキリと決まっていなく、なんとなく世間にならって

◎本命 ○軸 ▲軸2 △ヒモ みたいな感じで印を回していました。

要は馬券は買い方が大事な訳で、印の意味はそんなに重要視していませんでした。

基本、高配当を狙っているので本命◎はあまり人気していない馬をチョイスするんですが、
やはり当てたい気持ちが先行してしまい、相手の○▲は人気の実力馬を選ぶことが多く、
△でヒモ荒れを期待するようなパターンが多くなります。
◎から重い印には金額も増やし、△は3連馬券の買い目の3列目だけに選んでいました。

私は多くの予想ブログを見てきましたが、大概は私と似たようなパターンで印が付けられているように思います。

ここ、ポイントです。

競馬は大概の人がいわゆる負け組なのだから、
大概の人と同じことをやっていてはいけないのです。

実際、このように当てにいく(置きにいく)予想はハズレることが多いです。
しかも当たったとしても人気馬○▲が絡んで配当が安い。。。というパターンになります。

近年の競馬は特に重賞では人気馬が平然とぶっ飛び、高配当となるケースが増えています。
ビギナーの参加が少なく、玄人票が多いので少々の人気薄が来たところでそんなに配当もハネ上がりません。

そこで最近の自分の予想と重賞結果を照らし合わせ、どう印を付けるのが正解だったかを研究した結果、
今まで重い印を付けていた人気の実力馬には△をつけることにしました。

他の重い印はこうすることにしました。

「人気の盲点を突く」

現代競馬で馬券の成績を上げるにはこれしかありません。
人気の盲点。つまり大概の人が気付いていない馬を狙う!ということです。

割と多くのレースで、なんでこんなに人気ないいんだろ?というお宝馬がいるもんです。
最近だとアーリントンカップの2着馬ダンツプリウスなんかがそうです。
このレース、1番人気に押されたのがジュニアC2着のアーバンキッド。 
そのジュニアCの1着馬がこのダンツプリウスです。かたや1番人気に対してそれを前走負かしている馬が9番人気です。 2,3人気ならまだしも有り得ない低評価です。
おそらく枠順や騎手での差なんでしょうが、こういう馬を見つけたら全力で買わなければいけません。
(せっかく見つけていたのに自信がなく買えませんでした。。。泣)

印を付けるときに迷いが生じてはいけないので 今のところこう決めておきます。

◎ 不当に人気のないオイシイ馬
○ 枠順、騎手変更で人気落ちしている馬
▲ 前走人気で負けて今回人気落ちの馬
☆ ◎と迷った馬
△ 普通に強いであろう人気馬 ×3



馬券への落とし込み

◎☆ー◎○▲☆ー◎○▲☆△△△ の3連複フォーメーション19通り

◎から印へ馬連6通り

なぜ、このような買い方をするのか。

それは自分が優柔不断で判断力が乏しいので◎をどっちにするかの2択をよく間違えるからです。。
間違えて後悔するくらいなら両方買っとけ! というのが結論です。

馬連を◎だけにしたのは本命を間違えず選べた自分へのご褒美ということで。

△人気馬が2頭馬券内に来たらハズレますが、それが当たったところで配当は低いです。
人気薄の穴馬は買ってたのに人気どころのチョイスをミスった!なんて悲劇を繰り返さないように
人気薄を馬券の中心にするという従来とは逆のアプローチで攻めてみたいと思います。



0

中山記念 回顧

ドゥラメンテがなんらかで馬券内を外す可能性も踏まえた馬券だったのでこれは仕方なし。

しかし、驚いたのはその配当!

圧倒的人気のドゥラメンテとリアルスティールが馬券に絡んだら配当激安。。。
だと思い、検討すらしなかった組み合わせの結果、これが驚きの3連複9.2倍!でした。

しかも相手も一番狙えるアンビシャス。 

相手にアンビシャス、ロゴタイプ、フルーキーの3点に1万円!でも6万円のバックです。。。

う〜ん。。。ちゃんとオッズも見ないといけませんね。。

お宝レースでした。

0

阪急杯 回顧


予想結果   3連複☆△△40倍 当たり

◎マイネルアウラート    12着
○レッツゴードンキ     6着
▲ミッキーラブソング    4着
☆ブラヴィッシモ      3着
△マイネルエテルネル    18着
△オメガヴェンデッタ    2着
△ミッキーアイル      1着

◎☆軸3連複の25点と◎単複


この印でも◎☆ダブル軸ならではの的中となりました。
なんとか2月中に1つ当てたかったのでホッとしています。

☆ブラヴィッシモは内枠を最大限に活かした川田騎手の好騎乗でした。
枠順関係なく先行馬をチョイスしましたが、やはり開幕週の馬場。行ききったミッキーアイルはもちろん
最内でロスなくコーナーを回ってきたブラヴィッシモと4着サドンストームは最大限に馬場を活かしました。
これを想定しての☆評価だったので満点の内容でした。
サドンストームは穴で狙おうか迷ったのですが、幸四郎騎手で消しました。しかし幸四郎騎手も上手に乗りましたね。。。
最後の3着争いは冷や汗ものでした。

単複まで買った◎マイネルアウラートは案外な結果に終わりました。
輸送でマイナス体重ではあったもののそれが原因とは思えません。
そもそもマイネルなので主戦は大知騎手か松岡騎手。 丸山騎手騎乗の時点で評価を落とすべきでしたね。。

結果的に人気決着となってしまい、配当は安かったですが、まず結果が出たことに一安心しております。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。